阿部建設株式会社について

阿部建設株式会社は名古屋市北区に本社を置く会社です。
地下鉄名城線の黒川駅より徒歩数分の場所に位置していてアクセスしやすい環境です。
もう一つモデルハウスのある大森エコタウンは守山区にあります。
ここにはモデルハウスと、ペレット製造プラントなどがある大森工場を置いています。

長年の経験と実績を積み重ねた、住居づくりのプロフェッショナルたちが集うこの会社は高い技術が非常に魅力です。
こだわった安心安全の住居は多くの人にいつまでも愛される家として親しまれています。

住む人の立場になって快適さを追求したときに、阿部建設が生み出したのは、夏と冬の対策です。
暑さと寒さを和らげることで生活もしやすくなりますし、電気量が節約されたりと経済的にも快適な環境を整えることができます。
夏の日差しを遮る働きを生かす日射遮蔽と寒い冬場も暖かな熱を積極的に取り込むことができる日射熱取得を採用することで、一年間の室内の温度変化を極力小さくなるようにしています。
それに合わせてエネルギーゼロの生活を実現させるためにソーラー設置や屋上緑化などの対策を推奨しています。
屋上緑化は最近増えてきているシステムですが、断熱効果が高くなるため省エネにつながります。
また家全体に保水効果がでるので、大気を浄化させたりする効果も発揮してくれます。

そして設計ではアーキテクトビルダーを目指しています。
これは工務店と建築家が作り出す家の中間的な立ち入りになる工務店のことを指します。
つまり設計のスペシャリストである工務店と、デザイン性などに特別な力を発揮する建築家、双方の良い部分を持ちあわせている工務店を目指して日々取り組んでいるということです。
ずっと住み続ける家ですので、少しの妥協も許さず住む人の夢を叶えるために追求することこそが、工務店の責任だという意識の表れではないでしょうか。

それから阿部建設では、使用する素材にもこだわっています。
自然由来の素材にこだわり、本物の木のぬくもりを感じることのできるものだけを使用しています。
最近はコストダウンの為に加工された素材を使用するハウスメーカーも多くなっていますが、これでは天然素材の温かみや感性を実感することがなかなかできません。

東海地方をこよなく愛す阿部建設は、この東海地方の木を積極的に使用しているのですがそれには理由があるようで、地元の木を使うことで山には資金を還元することができいつまでもその山や自然が守られるというもの。
木の大切さ、自然の温かさを理解している人でないとこういった発言はできないと思います。
代表自ら足を運んで山に入り、良質な素材をその目で確認しています。

モデルハウスでは昼間だけではなく夜の見学会などのイベントも目白押しです。
特に夜の見学会は幻想的な雰囲気で心が癒され、阿部建設の傑作を思う存分堪能できると思います。